トップページ ●飛び出す絵本作りの道具 > 飛び出す絵本を作るときの道具

飛び出す絵本を作るときの道具

ポップアップづくりの道具についてご説明します。

家にある紙とはさみとのりでポップアップは手軽に作れますが、ポップアップカードや飛び出す絵本などをプレゼントしたいとき、きれいに仕上げたいとき、道具があるかないかで作品の仕上がりに差が出てきます。

日ごろのポップアップ作りで使っているものを、マークで必要度を分けてみましたので、なんかきれいにできないなぁ、という時に参考にしてください。

★★★
★★

必需品
あると便利
場合により

 

のり
飛び出す絵本を作る道具スティックのり ★★★

スティックのり

手軽で薄くむらなく塗れるところがよいですね、普段はスティックのり愛用者です。ちょっと粘着力が弱いのが難、貼り付けたらしばらく上から押さえておくのがポイントです。

0.2?0.25mm以下の紙の場合に。
飛び出す絵本を作る道具木工用ボンド ★★★

木工用ボンド

オールマイティな接着剤ですね。やや水分があるので薄手の紙には不向きです。0.2mm以上の紙や製本にはおすすめです。

チューブからそのまま紙につけるのはつけすぎの原因になるのでやめましょう。

絵画用の平筆を使うとうすくきれいに塗れます。細かいところは爪楊枝で。
飛び出す絵本を作る道具手芸用ボンド ★★

手芸用ボンド

細かいパーツもしっかり貼り付けられます。毛糸、フェルトなど、違う素材を絵本に貼り付けたいときに便利です。

紙だけならいらないかも。
飛び出す絵本を作る道具はってはがせるのり

はってはがせるのり

オリジナルポップアップを作成する場合の必需品です。

ポップアップの原型を作ったら、分解して型紙を作ります。

*リキッドタイプののりやでんぷんのりはポップアップには向いていません。
*両面テープは一発勝負です。やり直しがききません。

はさみ・カッター
飛び出す絵本を作る道具はさみ ★★★

はさみ

1種類のハサミでもOKですが、大きな面を切るとき用、細かいところを切るとき用、といろいろなサイズがあると紙をきれいに切れます。

特に細かい切り込みは、はさみを変えるだけで、作業が楽になり、仕上がりも美しいです。
飛び出す絵本を作る道具ぎざぎざはさみ

ぎざぎざはさみ

飾り付け用のぎざぎざはさみは、ポップアップカードの縁飾りなどを作るときに便利です。
飛び出す絵本を作る道具カッター ★★★

カッター

直線切りはカッターを使うときれいさが全然違います。
飛び出す絵本を作る道具厚紙用カッター ★★★

厚紙用カッター

製本時や2枚3枚と紙を重ねてきる場合に必要です。
飛び出す絵本を作る道具カッターマット ★★

カッターマット

厚紙や雑誌でも代用できますが、カッターマットは紙がすべらず固定されるので、持っていたい物です。
飛び出す絵本を作る道具30度カッター

30度カッター

細かいカットをするときにあると便利です。

ハサミだけで切り抜くよりも、カッターも使いながら切り抜くときれいですよ。
飛び出す絵本を作る道具裁断機

裁断機

製本時にとっても便利です。
きれい&すばやく紙をカットできます。

その他の道具
飛び出す絵本を作る道具鉄筆 ★★★

鉄筆

しかけの折り筋をいれるときに使います。

書けなくなったボールペンでも代用できます。

細・太両方あると、太いほうでカードにエンボス加工ができます。
飛び出す絵本を作る道具目打ち ★★★

目打ち

紙の裏側に目印をつける、しかけを押さえておいたり、細かい作業のときには指のかわりに、と一番使用度が高い道具です。

手芸用やドライバーセットに入っている目打ちは、金属部分が短いので出番が少ないかも。金属部が長いものがおすすめです。
飛び出す絵本を作る道具定規 ★★★

定規

15センチと30センチがあると便利です。
飛び出す絵本を作る道具三角定規

三角定規

ポップアップの展開図を書くときに使います。
飛び出す絵本を作る道具分度器

分度器

ポップアップの展開図を書くときに使います。

▲このページのトップへ

Do not hot link to pictures in this site.
画像へ直接リンクを貼らないでください。

このカテゴリの記事一覧

飛び出す絵本を作るときの用紙
飛び出す絵本を作るときの道具